車両

メンテナンス等、日付・時間によって運行車両が異なります。

ご了承ください。

近鉄

近鉄8000系

新生駒トンネルの開通により車両限界が奈良線全線で拡大されたことに伴い、昭和39年・900系を基本に8000系を製造しました。近鉄の車両群の中で同形式車両として最多の車両数を占めています。


新幹線

ドクターイエロー

大人気の車両です。新幹線の区間を走行しながら線路状態などを点検する車両。監視カメラやレーザー式センサーを備え、時速250キロ以上で走行することができる。名称は、車体が黄色(イエロー)に塗られていることから。

N700系

東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)に在籍する、 東海道・山陽新幹線用新幹線電車である。1999年に営業運転を開始した第四世代の営業用車両。最高速度が低い0系・100系の置き替え用として製造された。

ひかりレールスター

「ひかりレールスター」という列車名は、走行する姿を「レール上を駆け抜ける流星の様なイメージ」で表現したことが由来である[1]。また、当時は「インテリジェント・サルーン」という呼び名があった。従来の「ひかり」や「のぞみ」とは別の扱いを受けている。その結果、利用者の大きな支持を得ることができ、京阪神 - 福岡間において航空からシェアを奪還することに成功した。

500系

JR西日本は、自社の路線である山陽新幹線の航空機に対する競争力強化の一環として、より一層の高速化を目指して「500系」を開発した。車体強度・台車強度・力行性能などすべて320km/h対応として設計・計画され、1996年1月から1998年12月にかけ、16両編成9本合計144両が製造された

蒸気機関車

マウンテン型

アメリカの蒸気機関車、ビッグボーイと呼ばれている。

実際に石炭と水で走行する。小川精機(OS)製の最大級の車両です。

大人50人を客車に乗せて牽くことのできる力持ちである。